手数料無料の個人送金アプリ「Kyash」を使ってみました

posted in: Square, 便利ツール | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

友人に立て替えたお金を受け取る機会があったので、せっかくなので今年4月にサービスを開始した手数料無料で個人送金ができるアプリ「Kyash」を使ってみました。

 

Kyashは送り手はクレジットカードまたはKyash内残高からお金を送り、受け手は受け取ったお金がKyash内残高としてチャージされるという仕組みです。Kyash内残高はオンラインショッピングでVISAカードとして使うことができますが、出金(現金化)はできません。

 

使ってみた感想としては

 

【良い点】

・手数料がかからない
・送り手、受け手ともに(モノとしての)現金を触る必要がないので楽ちん
・操作はシンプル

 

【イマイチな点】

・受け取ったお金の用途がオンラインショッピングに限定される
・他サービスとの連携ができない

 

といったところです。残高がオンラインショッピングでしか使えないのは厳しいですね。モバイルSuicaにはチャージできるようですが、僕のスマホにはおサイフケータイがついていないので、やっぱりオンラインショッピングでしか使えません。

 

他サービスとの連携で早期に実現して欲しいのは、マネーフォワードなどの会計管理サービスとの連携。そことの連携ができない限りは、Kyashから支払った金額は手打ちで会計システムに入力しないといけないので、電子化している意味が半減です。ここは今後に期待したいところ。

 

あとホームページでは「相手がまだKyashを使っていなくても、 LINEやFacebok Messenger経由で送金可能。」とうたっていますが、これは誤解を招く表現。LINEやFacebook Messengerで送れるのはあくまで「Kyashから支払ってね」というお知らせだけで、お知らせを受け取った側は結局Kyashアカウントを作成しなければいけません。この点はちょっと修正した方がよい気がします。

 

ちなみにKyashに支払い用として登録できるクレジットカードはVISAとマスターカードのみ。先日より酷評しておりますJCBカードはここでも乗り遅れていますね。ま、当然。

 

いろいろ書きましたがKyashはそこそこ気に入っています。マネーフォワードとの連携が実現したらヘビーに使ってもいいかな。ゆくゆくはSquareに替わるデジんちゅ利用料の決済システムになり得るかも。

 

ではまた明日!

 

Kyash https://kyash.co/

 

【2017/7/18 追記】
続編です。ちょっと残高の使い勝手が悪いかも。。 → Kyashの残高はホントにネットショッピングでしか使えませんでした

 

JCBカードの時代おくれ感

posted in: Square | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

悲しくもデジんちゅとしては延期となったJCBカードでの支払い受け付けですが、JCBカードからの審査自体は通過しています。今回はその審査の過程で感じたことを。

 

結論からいうと、JCBカードはちょっと時代に乗り遅れている感じがします。

 

WebサイトのURL(ホームページアドレス)の始まりが未だに「http」だけだと思っており、昨今重要性の増している「https」を知らないという点は以前のブログで指摘しました。加えて理解に苦しんだのが、審査の過程で「ホームページ上に電話番号が公開されていないので電話番号が確認できません。電話番号を確認できる名刺かチラシを写真に撮って送ってください」という依頼がきたこと。

 

今日び個人でいくらでも所有・変更のできる電話番号を未だに信用情報として頼りにしているのがまずスゴいですし、それの証明として要求してくるのが、これまた個人でどうとでも印刷できる名刺やチラシというのも驚きです。ちなみにそこまで電話番号にこだわっておきながら、直接電話をかけての本人確認はナシ。一体何を確認するためのプロセスなのか。。まぁ審査通過してもらわないと困るのでしぶしぶ名刺の写真を送りましたが。

 

想像するに「クレジットカードに加盟するのはドンと敷地を構えている店舗のみ」という昔のモデルをそのまま引きずっているのでしょう。それゆえに電話番号を店舗が実在する証左として使い続けているし、かつては個人で印刷することは一般的ではなかった名刺やチラシにもそれなりに信憑性を感じ続けている。ただそんな時代はとっくに終わり、いまや個人もクレジットカードで支払いを受ける時代。というか当のSquareはまさにそのための個人決済サービスです。この変化にJCBカードはまったくついていけず、昔ながらのやりかたを引きずっているんだなーと感じました。

 

一個人の審査でこの有様ですから他にもいろいろと古い仕組みが残っているのでしょう。SquareがなかなかJCBカードの取り扱いを始められなかったのも、ようやく始まった今もなお一部機能ではJCBカードは使えないのも、すべてJCBカード側の古臭い体質に原因があるような気がします。Square内のJCBカード担当者さんのご苦労お察しします。がんばれ!!(そして早期の「請求書機能」でのJCBカード取り扱い実現を!)

 

 

ではまた明日!

 

ショック!!JCBカードはSquareの「請求書」機能では使えなかった。。

posted in: Square | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

がっかりです。昨日よりお伝えしております、いよいよデジんちゅの利用料をコンビニ払いができるようになるか?という件ですが、結論としては当分延期となりました。

 

この作戦の肝は「デジんちゅで使用してる決済システムSquareでJCBカードが使えるようになること」であり、確かに審査が完了してJCBカードが使えるようになったとの連絡を受けました。

 

しかしながら、新規に作成した請求書の利用可能カードにJCBカードの記載がなかったためSquareのサポートに電話で確認したところ、

・JCBカードが使えるのはカードを直接カードリーダーに通して使う場合のみ

・デジんちゅで使っている「請求書を電子的に送付してそれに基づき支払いをしてもらう」という機能(請求書機能)にはJCBカードは対応していない

という残念すぎる回答でした。

 

どこかにそういった説明がありましたか?と聞いてみたところ、「ご案内メールの一番最後に小さな文字で書いてあります」と。確かに最後に小さく書いてある。。僕の読み落としといえばそれまでですが、この重要な情報は最後に注意書きで書くレベルの話ではないと思います。公式の発表(→【New!】 JCB、Diners Club、Discoverの取扱を開始)でもこの件は触れられていませんし、サポートの方も「よいお知らせではないので、積極的にはお伝えしていませんでした」とのこと。うーん・・・SNSの拡大に伴い、利用者との信頼関係構築がますます重要になっているこのご時世、この対応は完全な悪手だと思います。

 

Squareはとても気に入っているし期待していたので今回の対応は正直とてもショックでした。それでも請求書機能でもJCBカードが使えるようにコトは進めておられるとのことでしたので、期待してその日を待ちたいと思います。あと、僕自身も注意書きをしっかり読むよう気をつけます。JCBカードのお客様、ごめんなさい。

 

 

ではまた明日!

 

 

ついにSquareでJCBカードが使えるようになりまし・・・た??

posted in: Square | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

デジんちゅではご利用料金のお支払いにSquareという決済サービスを使っております。先日のブログにて、もうすぐそのSquareでJCBカードが使えるようになるという旨お伝えしました(→SquareがいよいよJCBカード使用可能に!

 

そして昨日ついにSquareから無事審査を通過し、JCBカードが使えるようになったとの連絡を受けました!やった!

 

そこでさっそく請求書をひとつ作って試してみたのですが、

 

あれ?使えるカードにJCBの名前がない。(ついでに一緒に使えるようになったDiners Club、Discoverもない)

 

んー、これは単に表示が変わっていないだけなのか、まだ開始されていないのか。実際に支払いテストをしてみたいところですが僕自身はJCBカードを持っていないのでそれもできず。というわけで、現状まだJCBカードで支払いができるようになったことは確認できておりません。

 

明日以降Squareに問い合わせをしつつ、本丸はJCBブランドを利用したLINE Pay経由でのコンビニ支払いの実現(→LINE Payを使えばSquareへのコンビニ払いが実現できそうな予感)なので、実際にLINE Payカードをゲットして実験してみたいと思います。

 

実験結果、楽しみにお待ちください。

 

ではまた明日!

 

 

SquareがいよいよJCBカード使用可能に!

posted in: Square | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

いよいよです!デジんちゅの決済サービスとして便利に使わせていただいているSquare。そのSquareが今夏JCBカードに対応する予定であることは以前にブログで紹介しましたが、その先行受付のお知らせが届きました。

 

さっそく申し込みを行い、完了!

 

つつがなく・・と言いたいところでしたが、ホームページのURLを入力する際に「https://〜」と入れるとエラーではじれる謎仕様がありました。しかたなく”s”を除いた「http://diginchu.com」で登録しましたがちょっと釈然としません。”s”のついた”https”は、通信が暗号化された安全性の高いWebサイトである証で、Googleさんも積極的な使用を公式に勧めているものです。これをエラーではじくということはともするとセキュリティを軽視している姿勢とみられかねないので、この仕様は改善された方が良いかと思われます。

 

あと住所のフリガナをひたすら半角カタカナで入力させられたのもちょっとストレス。半角カタカナなんてほとんど使わないですよね。。

 

ともあれあとは無事審査が完了するのを待つのみ。審査が完了した暁には、以前にお伝えした通りLINE Payとの合わせ技でコンビニでの現金払いが擬似的に実現できる予定です。(→LINE Payを使えばSquareへのコンビニ払いが実現できそうな予感

 

続報随時お伝えします。

 

ではまた明日!

 

LINE Pay以外にSquareコンビニ払いを実現する方法はないか

posted in: Square | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

昨日のブログでLINE Payを使ってSquareへのコンビニ払いを実現する方法を紹介しました。本日はその補足を少々。

 

LINE Payを経由してのSquareへのコンビニ払いはJCBブランドを用いた支払いになるので、現状今夏に予定されているSquareのJCBカード対応待ちとなっています。ではすでにSquareが対応しているVISAやマスターカードで同様のプリペイドカードがあれば今すぐにコンビニ払いが実現できるのではないか。

 

できます。大手携帯電話が提供しているプリペイドカードを使えばコンビニ払いが可能です。docomoはdカード、auはau WALLET、SoftBankはソフトバンクカードという名称でVISA・マスターカードブランドのプリペイドカードを発行しているのでそれらを用いればSquareへの支払いは可能です。ただ各社で申し込み方法や使用方法が微妙にことなるので、お勧めする側としてはちょっとやりづらいなーというのが正直なところ。大手3社以外の携帯電話ユーザーも増えてきていますし。

 

携帯電話会社以外のプリペイドカードもありますが、僕が調べた限りではコンビニでのチャージに対応しているカードはありませんでした。基本的に銀行口座からの振込でのチャージでその際に手数料が発生してしまうのでお勧めできません。

 

LINE Payは「そもそもLINEを使っている」という前提は必要ですが、そこさえクリアしてもらえればコンビニで手軽にゲットできますし使い方も全員一律です。なのでデジんちゅ的には現金払いを希望される契約者様にはLINE Payをお勧めしていこうと思います。

 

ではまた明日!

 

LINE Payを使えばSquareへのコンビニ払いが実現できそうな予感

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

デジんちゅでは利用料金のお支払いに、スマホ・パソコンからクレジットカード払いができるSquareというサービスを使っています。そのSquareはこの夏にJCBカードへの対応を予定しています(現在はVISAとマスターカードのみ)。こうなるとSquareでできないことはクレジットカードをお持ちでない契約者様の現金払いのみとなるのですが、その現金払いを擬似的に実現できそうな方法を思いつきました。

 

それはLINE Payを併用すること。

 

LINE PayはひとことでいうとJCBブランドのプリペイドカードです。任意の金額をコンビニなどでチャージしておけば、JCBのクレジットカードと同じように使うことができます。(公共料金の月額払いなど一部使えないところもあるみたいです)

 

デジんちゅ的なポイントはJCBブランドであるという点。これとSquareのJCBカード対応を合わせればデジんちゅの利用料金をコンビニ払いできるではないですか!

 

利用の流れとしては

①コンビニでLINE Payカードをゲット(無料)
②コンビニでLINE Payに金額をチャージ
③デジんちゅから送られたSquareの請求書に対してLINE Payで支払い

といった感じです。初期設定が必要だったりチャージの手間がかかったりはしますが、それでもクレジットカードをお持ちでない契約者様にもSquareからお支払いいただけるメリットは大。

 

ちなみにLINE Payはポイント還元率2%とのこと。ちょっぴりお得ですね。LINE Payについてはこちらのページがわかりやすかったです。

◯LINE Payカードのメリットとデメリットのまとめ https://crecolle.jp/about-linepay/

 

見立てでは十分実現できそうですが最終的なとこは実際にやってみないとわからないので、SquareがJCBカードに対応したらさっそく試してみたいと思います。待ってるぞSquare!

 

ではまた明日!

 

もうすぐSquareでJCBカードが使えるようになります

posted in: Square | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

デジんちゅではご利用料金のお支払いにはSquareというクレジットカード決済システムを使っています。大変使い勝手のよいシステムで助かっているのですが、そのSquareからこの夏さらなるパワーアップのお知らせが。

 

なんとこれまでのVISA、MasterCard、American Expressに加えてJCB、Diners Club、Discoverも使えるようになるそうです!

 

これは嬉しい。とくにJCBは使えるようになって欲しいなーと思っていたところなのでまさに渡りに船。さすが我らがSquareです。決済システムを決めるにあたっては結構な数のシステムを試したので、そこから選んだSquareが順調に成長してくれてとっても良い気分です。

 

Squareに決めた理由は以前のブログにも書きましたが

・定期的な請求書発行に対応している
・買い手側での操作がシンプル
・手数料が安い
・決済後の入金タイミングが早い

といった点。ここに今回「使用できるクレジットカードの種類が豊富」が加わりますます充実のサービスになってきました。あとは、コンビニ払いに対応してくれたら完璧。何卒っ!

 

これからも便利に使わせていただきます。

 

ではまた明日!

 

デジんちゅご利用料金の決済はSquareからクレジットカードにて

posted in: Square, 開業準備 | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

オープンに向けた準備も大詰めなここ数日、ずっと調査を続けていたことがあります。

それはデジんちゅの利用料金の決済をどのようにするか。

 

まず大前提として教室での決済は一切しません。決済業務で指導を中断したくないですし、生徒が現金や領収書を持ち歩くリクスも回避したいので。

 

となると、契約者様が都合よいときに手軽に支払いできるオンライン決済サービスが候補になります。いざ調べてみるといろんな決済サービスがあったので、どれがデジんちゅにとって最適かかたっぱしから調べていました。

 

そして今日ついに結論が出てSquareという決済サービスを使うことにしました。

具体的にはSquareを通じてデジんちゅから契約者様にメールで請求書を送り、契約者様はクレジットカードで料金を支払うという流れになります。

 

決め手になったポイントを順番に紹介します。

 

・定期的な請求書発行に対応している

決済業務に手間をかけたくないので、定期的な請求書発行をシステム側でやってくれるのは大変助かります。

 

・買い手側での操作がシンプル

契約者様にも極力手間をかけさせたくないのでシンプルな画面はとってもグッド。送られてきたメールにあるリンクからクレジットカード情報を入力するだけで支払いは完了します。毎回のカード情報入力がめんどうであれば、契約者様の判断においてSquare上にカード情報を保存することも可能です。

カード情報の保存となるとセキュリティ面が気になりますが、カード情報はSquare上に保管されるのでデジんちゅからは絶対に見ることはできませんし、Square上のデータも暗号化をはじめとした数々の技術によって堅固に保護されているので安心です。

 

・手数料が安い

決済手数料は3.25〜3.75%と他社に比べてなかなか良好な設定。それ以外にかかる月額費用などはナシ。

 

・決済後の入金タイミングが早い

最短で翌営業日に入金とのこと。調べたサービスの中で最速。

 

唯一残念なのがコンビニ払いに対応していないところ。コンビニ払いに対応していれば現金払いもできたのですが致し方なし。当面はクレジットカード限定でいきたいと思います。

 

 

Square以外に有力候補として挙がったサービスと、その採用されなかった理由は以下の通りです。

 

SPIKE
定期的な請求書発行に未対応。
現在フリープランでは商品登録が不可(つまり使いものにならない)という状況にもかかわらず、それを一切アナウンスしていない点も悪印象。

 

AnyPay
買い手側の操作が煩雑。支払い作業に加えて「評価」という作業をしなければいけないのはユーザーに優しくない。

 

PayPal
定期的な請求書発行はできるものの、発行日を指定できない(申込日に固定)。

 

他にはAPIからの利用を前提としたサービスもいくつかあったのですが、そっちの開発に労力かけたくなかったのでパス。BASESTORES.jpなんかの簡易オンラインショップサービスもちょっとコンセプトが違うので今回はパス、といったとこです。

 

Squareで決済業務がうまくまわりますようにっ!

 

ではまた明日!