SNSでは「J」キーでサクサク閲覧

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

TwitterやFacebookに代表されるSNS。僕も便利に使っているのですが、見るときはもっぱらパソコンから閲覧しています。基本家で仕事しているのと、画面が大きい方が見やすいという理由で。

 

そこで本日はパソコンからSNSを見る際の便利テクニックの紹介。ずばり「J」キーです。

 

多くのSNSでは「J」キーを押すことで、次の投稿へと進むことができます。すなわちひたすら「J」キーを連打することでガンガン投稿を読み進めていくことができるので、マウス(やタッチパッド)に手を動かすことなく、僕の大好きなホームポジションのまま読み進められます。さらに視線もディスプレイの上部あたりから動かす必要がないので想像以上にサクサク快適に読めます。

 

ちなみに「K」キーで逆方向に戻ることができます。

 

この「J」と「K」の動きはSNS以外でもけっこう広く使われていて、Gmailなんかでも同様の動きができます。いろんなホームページ見ているときにもっと上手く読み進められないかなーと思ったら、とりあえず「J」キーを押してみると良いことがあるかもしれません。

 

以前に紹介したVimiumをGoogle Chromeに入れているとVimiumとしての「J」キーの動きが優先されてしまうので、その場合はVimiumの追加ルールとして当該ホームページをまるごと対象外とするか、「J」キー(と「K」キー)を対象外にしてみてください。

 

快適SNSのためのちょいテクでした。

 

ではまた明日!

 

メッセンジャー・SNSを使う際の注意点として教えていること

posted in: SNS | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

昨日のブログで、デジんちゅではパソコンでできることを

・調べる
・つながる
・創る

と定義していることを紹介しました。本日はその中の「つながる」にあたって注意点として伝えていることについてです。

 

「つながる」はLINEに代表されるメッセンジャーや各種SNSでの交流を指しているのですが、これらのツールは扱い方を間違えると炎上騒ぎなどのトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。そういったトラブルに決して巻き込まれないよう、使用する際の注意点として次の事項を教えています。

・信頼できる人とだけつながる
・悪口、個人情報を書かない
・使いすぎない

 

「信頼できる人とだけつながる」は、言い換えれば知らない人・不審な人とはつながってはいけませんということです。不審者が持ちかけてくるトラブルに巻き込まれないよう、交流は絶対に断りましょうと教えています。

 

「悪口、個人情報を書かない」は炎上騒ぎに巻き込まれないための対策です。大人数に向けた投稿はもとより、個人間のやりとりであっても受け取った相手がスクリーンショット(画面写真)をとって大勢に広めてしまう可能性は否定できません。ですので確実に炎上を避ける方法として、そもそも悪口、個人情報は絶対に書かないことを伝えています。

 

最後の「使いすぎない」はいたずらに時間を奪われないための対策です。他者との交流は非常に楽しいのでついつい時間を費やしてしまいがちですが、そうなると他のことをする時間が奪われてしまうので、使うのは最小限にとどめ決して使いすぎないように教えています。

 

細かい注意点を挙げれば他にもあるのですが、数が多すぎるとアタマに残りづらくなるので最重要のこの3つにしぼって伝えています。

 

最後に補足ですが、SNSトラブルに巻き込まれないための最善の方法は「そもそも使わないこと」です。使用の可否ならびに使用開始のタイミングについては各ご家庭の方針が最優先ですので、デジんちゅからいたずらに利用を進めることは決してありません。上記注意点はあくまで使用を開始することになった際に伝える注意点とご理解ください。

 

ではまた明日!