Googleでお手軽インターネット速度テスト

posted in: Google, 便利ツール | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

本日はGoogleのちょいネタ。ちょっと前からGoogleが公式にインターネット速度テストのサービスを開始しています。

 

使い方は簡単。Googleから「速度テスト」と検索するだけ。するとこんな感じで速度テスト実行のボタンが表示されます。

 

ボタンを押して計測開始。

 

まあまあの成績です。

 

お手軽に確認できるのがいいですね。同じ回線でも時間によって速度が変わることもあるので、自分が使っている回線の傾向を把握しておくとよいと思います。

 

ではまた明日!

 

復旧用コードはコード保管専用のGoogleアカウントに保管しておくことにしました

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

GoogleやTwitterなど私たちのまわりには便利なWebサービスが溢れています。それらのサービスの多くは、パスワードや二段階認証用スマホの紛失等でサービスにログインできなくなったときのための復旧用コードを。あらかじめ発行しておくことができます。事前にこのコードを発行しておけば、いざという時にそのコードでサービスにログインできるのです。

 

サービスに全くログインできなくなるという最悪の事態を防げるありがたい機能ではあるのですが、同時に危険でもあります。このコードを第三者に知られてしまうとなりすましでログインされてしまう可能性が高まるのですから。

 

となると悩ましいのがこのコードの保管場所。パソコンやスマホの内部など、実際にそのサービスを使うところに一緒に保存しておくのはあまりにも危険です。本体ごと盗まれたら一巻の終わりなので。サービス側がよくお勧めしてくるのが印刷してパソコンなどとは別の場所に保管しておく方法。たしかにそうすればパソコンの中に入れておくよりは安全です。が、その場合復旧させるには一度その紙を保管している場所まで戻らなければいけません。つまり海外旅行中などは復旧不可。

 

旅行好きの僕としては、万が一のために旅行中でも復旧できるようにしておきたいところ。というわけで行き着いたのが、復旧コード保管専用のGoogleアカウントに保管しておくという方法。普段使っているGoogleアカウントとは全く別に復旧コードを置いておくためだけのアカウントを作成し、そこには復旧コードだけをおいておく、それ以外の情報は一切置かないという方法です。

 

こうすることで旅行中などにいざ復旧コードが必要になった場合でも、専用アカウントにログインすることでコードをゲットすることができます。一方でもし復旧コード専用アカウントに悪意ある第三者が侵入したとしても、そこに置いてあるのは復旧コードのみ。そのコードがどのアカウントに対応するコードなのかは皆目見当もつかないのですから、使いようがありません。というわけで利便性とセキュリティを両立させた方法の完成です。

 

難点があるとすれば、復旧コード専用アカウントのアカウント名とパスワードを忘れないようにすること。普段使うものではないため記憶からは消えていきがちなので、旅行前などにはしっかり復習しておかなきゃですね。

 

備えあれば憂いなし。備えすぎ?結局こういうのを考えるのが好きなんです。

 

ではまた明日!

 

実演「スマホの音声アシスタントによるネットワークトラブル解決」

posted in: Google, パソコン設定 | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

本日はおとといのブログの続きです。スマホの音声アシスタントによるネットワークトラブル対応が実現したシーンを妄想してみます。

 

太郎君がAndroidスマホでからGoogleアシスタントに対応をお願いするシチュエーションでいきましょう。

 

太郎「OK グーグル!インターネットがつながらない」

G「かしこまりました。状況を確認いたします。・・・お使いのWi-Fiはこちらで合ってますか?(画面に使用中のWi-Fiを表示)」

太郎「うん、合ってる」

G「では次にご使用の機器を確認します。ご使用のインターネット回線を教えてください」

太郎「フレッツ」

G「フレッツですね。ではインターネット回線につながっている機器を回線に近い順から写真に撮ってください。」

太郎「(回線に一番近い機器[ONU]の写真を撮って送る)」

G「機器を特定できました。次の機器の写真を送ってください」

太郎「(次の機器[ルーター]の写真を撮って送る)」

G「機器を特定できました。次の機器の写真を送ってください」

太郎「(次の機器[無線LANアクセスポイント]の写真を撮って送る)」

G「機器を特定できました。最初の機器で消えているランプがあれば教えてください」

太郎「全部ついてる」

G「かしこまりました。次の機器で消えているランプがあれば教えてください」

太郎「PPPが消えてる」

G「かしこまりました。次の機器で消えているランプがあれば教えてください」

太郎「全部ついてる」

G「かしこまりました。二番目の機器の状況を確認します(192.168.1.1へアクセス)」

G「二番目の機器にパスワード設定が必要です。ご希望のパスワードを入力してください」

太郎「(パスワードを入力)」

G「二番目の機器にインターネットプロバイダーの情報を入力する必要があります。プロバイダーの情報はわかりますか?」

太郎「プロバイダーってなに?」

G「プロバイダーはインターネットへの接続業者です。お手元の書類に書いてある社名、サービス名をひとつずつ読み上げてください」

太郎「NTT西日本、OCN」

G「OCNがプロバイダーの可能性があります。OCNの書類に認証情報などの記載はありますか?」

太郎「なんか書いてある」

G「それを入力してください」

太郎「(OCNの認証IDと認証パスワードを入力)」

G「インターネットへの接続が確認できました。」

太郎「おおーー!!」

G「太郎さんのGoogle Driveにインターネット環境情報を保存いたしました。ご案内を終了します。またお困りのことがあったらお呼びください」

太郎「ありがとう」

 

ざっとこんな感じ。なかなか未来的ですね。これが実現したらみんな大助かり。

 

一方でわざといくつかトラップを仕掛けておいて、Googleがちゃんとそれを見破れるかを試して遊ぶ人もいそう。僕です。

 

実現するとしたら本命はやはりGoogleかな。対抗でAppleあたり。期待して待ちましょう。

 

ではまた明日!

 

子ども向けYouTube「YouTube Kids」をさっそく使ってみました

posted in: Google, 便利ツール | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

好きな動画が楽しめるみんな大好きYouTube。その子ども版の「YouTube Kids」が日本向けにも公開されたのでさっそく使ってみました。

 

まずはオープンニング。

 

初回起動時は保護者向けの説明と設定から始まります。

 

いくつか簡単な説明があった後に、

 

検索機能を使うかどうか聞いてきます。後から変えることもできるのでとりあえずONで。

 

アカウントを追加すると細かな設定が可能になりますが、めんどくさいのでここはスキップ(後から追加できます)。

 

設定完了で動画に到着!カテゴリーは大きく4つに別れています。こちらが「アニメ・ドラマ」。

 

続いて「おんがく」

 

「まなぶ」

 

そして「はっけん」の4カテゴリー。

 

どのカテゴリーもいかにもな安心のラインナップ。

 

気をつけたいのが検索機能。こんな感じで文字か音声で検索できます。

 

「ドラゴンボール」での検索結果。

 

きわどいキーワードで検索してみましょう。「ゲーム実況」

 

本家YouTubeに比べると、かなりマイルドな動画のみに絞られている感じです。さらに話題のあの人の名前を入れて検索してみます。

 

「ヒカキンゲーム実況」

 

あはははは。Googleさんよく分かってらっしゃる。ヒカキンどんまい。

 

とはいえ「ヒカキン」のみで検索すると、

 

結局出てきちゃってます。もし子どもに見せたくない動画が特定されているのであれば、一度検索して出てくるかどうか確認しておいた方が良さそうです。不安な場合は検索機能をオフにすれば探せなくなります。

 

検索をオフにするなど設定は、右下のカギマークから。

 

漢数字をアラビア数字に変換するという微妙なセキュリティ。(この後の設定で任意のパスコードを設定できます)

 

「タイマー」と「設定」があります。タイマーを押してみます。

 

使用時間を制限できます。これは良い機能。

 

続いて「設定」の画面。検索機能のオン/オフなど細かな設定ができます。BGMや効果音などをお好みで。

 

設定でアカウントを追加すると「おすすめ」カテゴリーが追加されます。閲覧データを蓄積して好きそうな動画を提案してくれるみたいです。

 

以上ざっくりとYouTube Kidsのレビューでした。デジんちゅでは動画閲覧という受け身な活動よりは、創作や学習といった主体的な活動に多くの時間をかけるのが基本路線ですが、とはいえ息抜きにホッと動画タイムも必要ですので全タブレットにインストールしておきました。好みが偏らない方がよいのでアカウント追加は無しにしとこうかな。

 

とりあえずGoogleさんグッジョブ。

 

ではまた明日!

 

iPhoneとAndroidは本来比較できるものではないのです

posted in: Apple, Google, IT用語 | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

今現在スマホを買おうとするとほとんどの場合iPhoneかAndroidかの二択になります。しかしながら「iPhone」と「Android」は本来ならべて比較できるものではないのです。

 

昨日のOSの話を思い出してみましょう。スマホは

スマホ本体(機械)⇔ OS ⇔ アプリ

という三層構造になっていました。ここでiPhoneというのは左端のスマホ本体の名前、Androidは中央のOSの名前です。すなわちiPhoneとAndroidは全く違う層に属するものなので直接比較はできないのです!!

 

ではどう比較するのが正しいか。

スマホ本体層で比較するのであれば、「iPhone」か「Android搭載スマホ」

OS層で比較するのであれば、「iOS」か「Android」

とするのが正解です。「iPhone」か「Android」かという比較は間違いなのだー

 

・・・という話を飲み会ですると女の子に全力でドン引かれるのでこっそりブログに書きました。

 

かしこ。

 

OSってちょいちょい聞くけど一体なんなのさ

posted in: Apple, Google, IT用語 | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

本日はコンピューター用語のお話。スマホをいじってるとちょいちょい出てくる「OS」というものを解説してみます。

 

iPhoneにはiOSという名前のOSが、AndroidスマホにはAndroidというOSが入っています。じゃあそのOSってなんなのさ?

 

ざっくり言うと、OSは人間がスマホをとりあえず動かすために入っているプログラムです。スマホはモノとしては単なる電子部品の集まりなので、本来は人間が操作することはできません。指先からバチバチっと電気を出して操るわけにもいきませんし。

 

そんな電子部品の集まりを人間が操作できるように仲介してくれているのがOSです。電源ボタンを長押しすると電源がONになるとか、ホームボタンを押す最初の画面に戻るとかは全て人間の操作をOSが解釈して機械(スマホ本体)に伝えてくれることで実現されています。

 

つまりスマホ本体があってそこにOSが入っていれば、とりあえずは使えるということです。が、あくまでとりあえずなのでこみいった作業は何もできません。せいぜい時計で時間を確認できるくらい。

 

ではそれ以上の作業をするにはどうしたらいいか。そこでアプリの登場となります。OSの上にアプリを乗せてあげることで、OSだけではできないいろいろな作業ができるようになるのです。

 

つまりスマホは

スマホ本体(機械)⇔ OS ⇔ アプリ

の三層構造でその機能が実現されているのです。

 

スマホ用のアプリは、どのOSの上で動くことができるのかがあらかじめ決まっています。なので各スマホには自分たちのOSで使えるアプリを探すためのアプリがあらかじめ入れてあります。すなわちiOS用のアプリを探せるのがApp Store、Android用のアプリを探せるのがPlay Store というわけです。

 

まとめると、OSは機械の手前にいて、人やアプリからの操作を機械に伝えてくれている働き者というわけです。

 

スマホを使うときの主役はやっぱりアプリですが、ときにはその下でがんばってるOS君にも気を留めてあげてください。

 

ではまた明日!

 

注)説明のわかりやすさを優先し、OSのためのOS(BIOS)についての説明は省略しました。

 

Googleがその使命を忘れてしまった・・・!?→全く忘れてませんでした

posted in: Google | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

以前の記事でGoogleがその使命として世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることを掲げていることを紹介しました。本日はそれがGoogle自身のホームページでどのように紹介されているかをみてみましょう。

 

Googleが自己紹介として公開しているホームページがこちらです。

Google について https://www.google.com/intl/ja/about/

 

ここを読めばGoogleが掲げている使命がばっちりと書いて・・・ない!?マジでない。モニターに穴があくほど探しても見当たらない。

 

どういうことでしょう。Googleはその使命を忘れてしまったのでしょうか。

 

いやでもしかし、「Google 使命」と検索する

 

ばっちりその使命が表示されています。URL(ホームページアドレス)も上記で紹介したページと同一です。

 

???どういうことでしょうか?

 

手がかりを探すために、Google自己紹介ページのソース(ページの元情報)を表示してみます。ソースはパソコンからだと「右クリック」→「ソースを表示」で見ることができます。

 

すると、meta というコーナーのところに

 

 

ありました!meta はこのページの関連情報を記述するコーナーなので、ここに書いてあるということはGoogleはその使命を忘れてはいないということです。ちなみに、ここ記述がそのまま検索エンジンでの検索結果に表示され、上記画像のような検索結果になっています。

 

というわけでGoogleはその使命を忘れてはおらず一安心。ですが、以前はもっとわかりやすい形で表記していたのに、なぜこのような表記に変更したのでしょうか。

 

好意的に解釈すれば、Googleの会社としてのステージが上がったということだと思います。現在の自己紹介ページには「課題を解決する」「理念から実践へ」という記述がみられます。すなわち理念(使命)を掲げているだけでなく、集めた情報を実際にガンガン活用して世界をよくしていく段階へ踏み込んだということ。

 

であればその通りに以前からの経過をそのまま記載すればよいのではとも思いますが、そうせずに最新の姿勢のみを記載するのは「シンプルさ」を重視するGoogleのスタンスですね。シンプルに今自分たちが追い求めているもののみを表示する、と。

 

とはいえ中には僕のように以前からの連続性を調べる輩もいるので、そういう人には調べればすぐにわかるようにしてあるってところだと思います。

 

ちなみに自己紹介ページから進めるGoogleの歴史(これまでの歩みと現在)ページには

まもなく、Backrub は Google(phew)という名前に変わりました。1 の後にゼロが 100 個並んだ値を表す「googol(ゴーゴル)」という数学用語をもじったもので、ラリーとサーゲイの「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」という使命にふさわしい名前です。

という記載があります。大丈夫、Googleはやっぱり忘れてません。

 

僕個人のスタンスとして、あまりひとつの会社やサービスへの依存度を高めるのは好きではないのですが、Googleだけはそうもいってられない便利さと器の大きさがあるので、これからもひいきに使っていきます。

 

 

ではまた明日!

 

GoogleのAutoDrawで絵心なくてももう大丈夫!

posted in: Google, 便利ツール | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

絵心のない僕に朗報です。本日Googleが公開したお絵かきツールAutoDraw、これはスゴい。書かれたイラストをAI(人工知能)が読み取り、それに近いかっこいいイラストに変換してくれるのです。

 

さっそく試してみた動画をどうぞ。

 

 

自力ではとても描けない猫や車があっという間に描けます。いい時代になりました。

 

サイズ変更や色塗りもできるので、子どものお絵かきツールとしても最適。パソコン、スマホ、タブレットいずれでも使えますが、ある程度画面が大きい方が使いやすいです。

 

ホントに面白いのでぜひ試してみてください。

AutoDraw https://www.autodraw.com/

 

ではまた明日!

 

2段階認証でサービスののっとりを防ぎましょう

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

本日はセキュリティのお話。みなさん2段階認証(2ステップ認証)というのを聞いたことがあるでしょうか?

 

通常インターネット上のサービスにログインする時はユーザー名とパスワードを使いますが、2段階認証はもうひとつ別の認証方法を加えてセキュリティを向上させる仕組みです。

 

よく使われるのがスマホ(やタブレット)を使っての認証。あらかじめ「信頼できるスマホ」をサービス側に登録しておいた上で、そのスマホの持ち主でないとログインできなくするというものです。「信頼できるスマホを所有しているか」の確認には、ログインに必要な数字情報をスマホのSMS(ショートメッセージ)に送ったり、認証用アプリに表示させたりして行います。

 

つまりたとえパスワードが流出したとしても「信頼できるスマホ」を持っていないとログインできないので安心ということです。

 

最初の設定はおっくうですが、のっとられるとダメージの大きいサービスについては必ず設定するようにしています。例えばGoogle、Facebook、Dropbox、Apple IDなどなど。たいていのサービスは最初に2段階認証を行った時点で「この機器を信頼できる機器として記憶する」ことができるので、めんどうなのは初回のみです。

 

そして、この度デジんちゅホームページにも2段階認証を導入しました。このホームページはWordPressという作成ツールを用いて作っているのですが、そこに機能追加で2段階認証を加えました。これでよからぬ輩がこのホームページをのっとろうとしても決して入り込むことはできません。安心度アップ。

 

そんなわけでオススメの2段階認証ですが最後に使う際の注意点を。スマホを使って認証するということは、スマホを紛失してしまうと新しい機器では認証できなくなってしまうということです。その場合は認証済みの機器からあらためて2段階認証を設定し直すのがてっとり早いです。あるいはたいていのサービスはスマホ紛失等のケースに備えて「復旧用のコード」を発行しておくことができるので、2段階認証を開始すると同時にそちらを安全な場所に控えておけば、万一の場合でもアカウントに入り直すことができます。

 

正直手間もかかるしややこしい仕組みではありますが、それに見合うだけのメリットはあるので、これは絶対にのっとられたらヤバいというサービスについてはぜひ設定しておいてください。

 

ではまた明日!

 

Ctrlキーを上手に使って効率的に検索を行うテクニック

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

本日はインターネットを使うときの便利テクを紹介。

 

Yahoo!やGoogleで検索するときに、検索結果画面からとりあえずイケてそうなホームページを開いて、やっぱり違ったなーと「戻る」ボタンをひたすら連打してGoogleに戻って、次のホームページ開いて、またGoogleに戻ってというのを繰り返している方いませんか?

そんなあなたにオススメしたい技が、リンクをクリックする時にCtrlキーを押した状態でクリックするです。

 

これをすると、今開いている画面はそのままでクリックしたリンクが新しいタブとして開きます。つまり、検索の結果画面を開いたままで気になるリンクをとりあえず全部クリックしておけるのです。

気になるページを開き終わったら順番にタブを移動してゆっくりと内容を確認。Googleと各ホームページを行ったり来たりする必要がなくなりとっても効率的です。

 

ただしうっかり多用するとタブが増えすぎてしまうことも。そんなときはタブを閉じるショートカットキー「Ctrl+W」を併用して不要になったタブを随時閉じながら作業するとすっきりします。

 

もちろん検索時以外でも使えるテクニックですので、ページを行ったり来たりするのがめんどうな時に活用しましょう。

 

ではまた明日!

 

 

1 2