復旧用コードはコード保管専用のGoogleアカウントに保管しておくことにしました

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

GoogleやTwitterなど私たちのまわりには便利なWebサービスが溢れています。それらのサービスの多くは、パスワードや二段階認証用スマホの紛失等でサービスにログインできなくなったときのための復旧用コードを。あらかじめ発行しておくことができます。事前にこのコードを発行しておけば、いざという時にそのコードでサービスにログインできるのです。

 

サービスに全くログインできなくなるという最悪の事態を防げるありがたい機能ではあるのですが、同時に危険でもあります。このコードを第三者に知られてしまうとなりすましでログインされてしまう可能性が高まるのですから。

 

となると悩ましいのがこのコードの保管場所。パソコンやスマホの内部など、実際にそのサービスを使うところに一緒に保存しておくのはあまりにも危険です。本体ごと盗まれたら一巻の終わりなので。サービス側がよくお勧めしてくるのが印刷してパソコンなどとは別の場所に保管しておく方法。たしかにそうすればパソコンの中に入れておくよりは安全です。が、その場合復旧させるには一度その紙を保管している場所まで戻らなければいけません。つまり海外旅行中などは復旧不可。

 

旅行好きの僕としては、万が一のために旅行中でも復旧できるようにしておきたいところ。というわけで行き着いたのが、復旧コード保管専用のGoogleアカウントに保管しておくという方法。普段使っているGoogleアカウントとは全く別に復旧コードを置いておくためだけのアカウントを作成し、そこには復旧コードだけをおいておく、それ以外の情報は一切置かないという方法です。

 

こうすることで旅行中などにいざ復旧コードが必要になった場合でも、専用アカウントにログインすることでコードをゲットすることができます。一方でもし復旧コード専用アカウントに悪意ある第三者が侵入したとしても、そこに置いてあるのは復旧コードのみ。そのコードがどのアカウントに対応するコードなのかは皆目見当もつかないのですから、使いようがありません。というわけで利便性とセキュリティを両立させた方法の完成です。

 

難点があるとすれば、復旧コード専用アカウントのアカウント名とパスワードを忘れないようにすること。普段使うものではないため記憶からは消えていきがちなので、旅行前などにはしっかり復習しておかなきゃですね。

 

備えあれば憂いなし。備えすぎ?結局こういうのを考えるのが好きなんです。

 

ではまた明日!

 

スマホやパソコン本体にデータを置かないスタイルはけっこう快適

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

僕はスマホやパソコンなどの機器本体にほとんどデータを置きません。じゃあどこに置いてあるのかというとインターネット上。全てのデータはインターネット上に保存されていて、そのうち直近ですぐに使う可能性があるもののみ本体にも保存しておくというスタイルです。

 

なんでこんな風にしているかというと機器は必ず壊れるものだからです。機器の損壊に伴うデータの消失と、インターネット上のトラブルによるデータの消失、どちらの可能性が高いかというと機器の損壊だと思っているので機器は信用せずに、インターネット上に本体を置いておくことにしています。

 

インターネット上って具体的にどこかというと、DropboxとAmazon Drive。頻繁に更新するファイルはDropboxに入れておいてパソコンとリアルタイムで同期しておき、時々しか使わないデータはAmazon Driveに入れておいて必要に応じて参照というスタイルです。

 

このスタイルの良い点は三つあります。まずは先にも挙げたデータの消失リスクが小さい点。先日スマホが水没するという憂き目にあったのですが、スマホ内のデータは当然インターネット上にも存在しているのでデータ的な損害はゼロ。(本体はご臨終でしたが。。)

 

二つ目は環境が変わっても問題なく作業が進められること。なにせ全てのデータはインターネット上にあるのですから、自分のパソコンでなくともインターネットに接続されたパソコンやスマホがあれば、普段同様に作業を行うことができます。

 

三つ目は本体の保存容量が少なくて済むこと。パソコンやスマホ本体の保存容量を大きくしようとすると大抵値段がかさんでくるのですが、僕のスタイルの場合本体の保存容量はほとんど必要ありません。最小構成で十分です。

 

となかなか良いところ満載のこのスタイル。一方で欠点はというとインターネットにつながっていないと不便なとこ。インターネットなしだと使えるデータがかなり制限されます。とはいえ直近必要な分はパソコン本体に入っていますし、データ全体のバックアップも定期的に外付けのハードディスクにとっているので、全くインターネットにつながらなくてもどうにかなるような体制は整えてあります。

 

こんな感じの本体にデータを置かないスタイル。なかなか快適ですので興味ありましたらぜひお試しを。

 

ではまた明日!

 

「あんしん連絡先」アプリでドロケイは進化する

posted in: 便利テクニック | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

おとといGoogleより個人の安否確認アプリ「あんしん連絡先」のiOS版リリースのお知らせが出ました。

個人の安否確認アプリ「あんしん連絡先」で緊急時に備えましょう

 

このアプリを子どものスマホに入れておくと、保護者スマホから安否確認ができたり、子ども側から現在地を発信できたりするというもの。

 

基本的には子どもの安全を守るために使われることが想定されているアプリだと思うのですが、遊びに応用してもおもしろいと思います。

 

例えばドロケイ(ケイドロ)で使う。

 

このアプリを使いながらドロケイをやれば、自軍のプレイヤーがどこにいるかを逐次確認しながらプレイできるのでより戦略的な楽しみ方ができるようになります。ちょっとした山の中なんかでやったら超楽しそう。

 

ひとつのアプリにつき6人まで連絡先を登録できるようなので、最大6人チームまでOKですね。ちょっと少ないかな。

 

せっかくのスマホ&アプリですので、いろいろ応用きかせて楽しみつくしましょう。

 

ではまた明日!

 

あんしん連絡先 iOS版 Android版

 

100均のシャワーカーテンの裾を丸まらなくする方法

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

みんな大好き100円ショップ。デジんちゅのトイレにもダイソーのシャワーカーテンがかけてあるのですが、そのままだと両端の裾がこのように丸まってしまうのが困りモノ。丸まったままだと乾きが悪く、カビの発生原因にもなりかねません。

 

そんなときは透明の梱包用テープを20cmほどに切って、カーテンの端に縦に貼ります。

 

するとこの通り、一切丸まらなくなります。

 

生活の知恵でした。

 

ではまた明日!

 

ノートパソコンの冷却には消しゴムが効果抜群

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

最近やけに暑くって。いや、エアコンはちゃんと入れているんですが、パソコン作業をしているとどうも身体がほてってくる。なんでだろうなーと考えをめぐらせ、そしてようやく気づいたのです。パソコンが熱いということに。

 

もちろん火傷するような熱さではないのですが、ほんのりじっとりと温かい。コタツに入っていると温められた血液が全身をかけめぐって体中温かくなるのと同じ原理で、パソコンの熱が全身に回っていたというわけ。

 

となればパソコンを冷やせば問題解決。取り急ぎノートパソコン用の冷却ファンをAmazonで調べていたのですが、ふと思い立ったのです。パソコンの底まわりの空気の流れを良くすれば熱がこもらないのではないか、と。

 

ものは試しとパソコンの下に消しゴムを3つ配置してみたところ、これが効果てきめん!あっという間に気にならない程度にパソコンの温度が下がりました。

 

なんでも試してみるもんですね。おかげで全くお金をかけずに問題解決です。

 

ではまた明日!

 

【2017/8/1追記】
続編です → ノートパソコン冷却用スタンドを自作しました

同音異義語を確実に一発で変換する方法

posted in: 便利テクニック | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

昨日のブログでよく使う単語やフレーズは「単語登録」しておくと便利というのを紹介しました。本日はその応用編です。

 

文章を書いていてイラッとするのが同音異義語の変換。特に変換候補の多い「使用」「試用」「私用」「仕様」とか「公開」「更改」「後悔」「航海」などは、望む変換候補がなかなか出てこず時間をロスする原因になります。

 

そんな状況の解消にも単語登録が役立ちます。変換候補の多い同音異義語には本来の読みとは異なる文字を充てて登録すればよいのです。僕はその語に対応する英単語の最初の3文字を充てています。例えば「しよう」であれば

 

使用・・・うせ(use
仕様・・・sぺ(specification)
私用・・・pり(private)
試用・・・tり(trial)

 

として単語登録しています。こうすれば望む漢字に確実に一発で変換することができます。

 

同音異義語をうまく変換できずにイライラすることが多いのであれば、ぜひお試しください。

 

ではまた明日!

 

よく使う単語は「単語登録」して文章をサクサク書きましょう

posted in: 便利テクニック | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

僕は文書を書くのがとても好きなので、このブログを始めとしてパソコンで文章を書く機会が多くあります。そうなるとできるだけ効率よく文章を書きたくなるので、いろいろとテクニックを弄することになります。

 

一般的なのはよく使う単語やフレーズを「単語登録」してしまうこと。たとえば「よろしくお願いいたします。」を「よろ」として単語登録しておくと、「よろ」と打つだけで変換候補に「よろしくお願いいたします。」と出てくるようになり入力の手間を短縮することができます。

 

挨拶などの定型文を単語登録して使っている人が多いですが、僕はそこからさらに踏み込んで基本的に自分に関連した固有名詞はすべて単語登録しておくようにしています。例えば友人の「山田太郎」さんであれば「yt」、「鈴木花子」さんであれば「sh」とイニシャルで単語登録してサクっと変換できるようにしています。人名は漢字間違いをすることも多いので、最初に正確な漢字で登録してしまえば以後間違えることもないという利点もあり。

 

他にもお店の名前とか、組織名など再び自分と関わりそうだなと思うものは全て単語登録してすぐに変換できるようにしています。Amazonだったら「あz」、ヨドバシカメラは「yc」などなど。

 

あとはメールアドレスや電話番号。これも「あど」とか「てl(TEL)」なんかで登録してあります。「沖縄県~」と始まる住所なんかも「じゅうしょ」で登録しておけば一発変換です。

 

ひとつひとつの登録は小さなことですが、積もり積もるとかなりのスピードアップにつながります。パソコンで文章書くのに時間がかかってお悩みの方はぜひお試しください。

 

Windows10での単語登録の方法はこちらのブログあたりを参考にどうぞ。 → Windows10のユーザー辞書に単語を登録して入力を簡単にする

 

あと、単語登録を簡単に呼び出す方法(ショートカットキー)をマスターしておくと、サッと単語登録ができて超便利です。 → 辞書登録をショートカットでするやり方(Windows・Mac)

 

 

ではまた明日!

 

【2017/7/22 追記】
応用編です。 → 同音異義語を確実に一発で変換する方法

 

掃除は「水流し」が最強である

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

デジんちゅは一人で運営してるので当然掃除もすべて自分でやっています。そうなると重要なのがいかに楽してキレイにするか。いろいろ試していきついた結論が水流し最強です。洗浄力、浸透力、手軽さ全てにおいて水で流して乾かすのが最強です。

 

しかしながらどこでもできるわけではないのが水流しの欠点。現実的には屋外、風呂場、トイレに限られるでしょう。であればそれらの場所は水流しのみで掃除が完了するようにするのが最善の策。

 

そのために僕がとったのが次の3つの対策。

① 置くものは最小限に絞る。
② しかたなく置くモノは絶対に床(地面)に置かない。カゴとフックを使って全て空中に置く。
③ 宙吊りに使うカゴは底が網状になっているものを使う。

 

まず「① 置くものは最小限に絞る」のが大原則。水をかけてばしゃーっと洗うにあたり、モノがあると確実に邪魔になります。なので水流しする場所に余計なモノは一切おかない。浴室で使うものなどは中に置きっぱなしにせず、都度持ち込むようにしてみてはどうでしょうか。

 

次にどうしても置きっぱなしにしておきたいものは「② 絶対に床(地面)に置かない」。床に置くとその部分が水で流れませんし、水が溜まって乾かなくなります。その結果カビが生えては本末転倒です。なので絶対にモノは床においてはいけません。カゴとS字フックを活用してすべて空中に置きましょう。

 

空中に置く際に重要なのが「③ カゴは底が網状になっているものを使う」こと。これはカゴの中に水が溜まるのを防ぐためです。水がすっきりと流れてきちんと乾くカゴを使いましょう。

 

これらのことを実行すると掃除は水で流すだけでほとんど終わるようになり、常に清潔であると同時に掃除の手間が激減します。掃除は毎日のことなのでこの手間の削減は非常に影響が大きいです。

 

ちなみに水流しした後にどれだけ早く乾くかも大切なポイント。僕の場合トイレ兼シャワールームはいまいち乾きが悪かったので、サーキュレーターを設置してむりやり乾かすようにしました。もちろん床には置かず、壁の高い位置に設置しています。

 

以上「水流しのすゝめ」でした。

 

ではまた明日!

 

フォルダ名を英語化するともらえるご褒美

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

以前のブログでもし英語が話せるようになりたいのであれば、まずやるべきこととして

・スマホを英語表示設定にする
・日々の行動予定(タスクリスト)を英語で書く

の2つを挙げました。

 

本日はそれに加えての3つ目です。それは「パソコンのフォルダ名を英語にする」です。理由は先の2つと同じで、自分の生活に密に関わっているので、それくらい英語で書けなければそもそも話にならないからです。

 

そしてフォルダ名を英語で書くと、ちょっとしたご褒美があります。それはフォルダ名の頭文字キーを押すと、一瞬でそのフォルダを選択できること。「Important」というフォルダであれば「I」キーを、「Done」というフォルダであれば「D」キーを押すと即座にそのフォルダを選択した状態になります。これはフォルダ名を英語で書いた者にだけ与えられる特権。ホームポジションから手を離したくない僕にぴったりです。

 

ちなみに同じ頭文字で始まるフォルダが複数ある場合は、キーを連打すると順番に選択してくれます。

 

英語も勉強できて、作業効率もアップしてしまう便利技の紹介でした。(ただしフォルダの視認性は漢字名の方が高いです。。)

 

ではまた明日!

 

石垣島でのパソコン廃棄は「パソコン回収.com」一択

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

みなさまは不要になったパソコンの処分はどのようにしているでしょうか?まだ使えるものであればメルカリで売ってしまうのが良いかと思いますが、もはや使い物にならない古いパソコンの場合は廃棄処分にするしかありません。

 

しかしながらパソコンはリサイクルが義務付けられているので、所定の手続きに沿って行うと回収再資源化料金がかかってしまいます。例えばデスクトップパソコンだと¥3,240かかります。これを節約するのに便利なのが不要パソコン回収業者。たいていの業者は稼働品であれば無料で引き取ってくれます。

 

回収業者はがいくつかあるのですが、石垣島からの処分であればオススメは「パソコン回収.com」です。オススメポイントは着払いでの郵送が可能なところ。着払いは「離島は除く」の業者が多い中、パソコン回収.comは石垣島からでも着払い可でした。すなわちまったくお金をかけずにパソコンを処分することができるのです。

 

パソコン回収.comが無料で回収してくれるパソコンは完動品に限られていますが、完動品と同梱であれば壊れたものや部品が欠けているものもOKとのこと。詳細はこちらのページにてご確認ください。

 

どんな方法を用いるにせよ、パソコンを処分する際に気をつけたいのが保存されているデータの始末。うっかり個人情報などが残ったまま処分してしまうと、それを悪用されてしまいかねません。パソコンのデータは一見削除されていてもあの手この手で復元することができてしまうので、復元不能な状態まで完全削除しておく必要があります。完全削除についてはこちらのページあたりが参考になると思います。

 

回収業者にお願いする場合は業者側でもデータ消去を行ってくれるところが多いですが、万が一のトラブルを避けるためにも、パソコンを手放す際にはとりあえず完全削除しておくことをオススメします。

 

今は便利に使っているパソコンもいつかは処分する日がくるもの。その日がきたら賢くしっかり処分いたしましょう。

 

ではまた明日!

 

1 2 3