「10代の7割は『スマホのみ』でネット使う」という事実をどう読み解くか

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

LINE株式会社の調査によると、10代の7割は「スマホのみ」でインターネットに触れているそうです。

 

10代の7割は「スマホのみ」でネット使う――LINEが調査 -IT media NEWS

 

7割というのはなかなかインパクトのある数字ですが、昨今のスマホの広がりを見る限りは納得のいくデータです。さらにこのデータを読み込むと、10代で日常的にパソコンを使っているのは25%となっています。

 

さてこの25%という数字をどう読み解くか。僕はパソコンができるだけで周囲と差別化することができると読み解きます。なにせ残りの75%は日常的にパソコンを使っていないのですから、それなりにパソコンを使いこなせるだけでことITに関して言えば上位4分の1に入ることができます。

 

さらに重要なのがスマホとパソコンでできることの違い。情報機器でできることをデジんちゅでは「調べる」「つながる」「創る」に大別しているのですが、その中の「調べる」「つながる」はスマホでもパソコンでもどちらでもできます。しかしながら「創る」だけは画面の大きさ、性能などの点からどうしてもパソコンが必要になります。スマホしか用いない7割の人はパソコンで「創る」ことができないので、パソコンができるだけでこれらの人に大きく差をつけることができます。

 

ということで、パソコンが使えるだけで圧倒的に有利ですよというのが今回の調査から見えた定量的な分析です。

 

とはいえ、僕がパソコンが使えたほうが良いと思う本質的な理由は、いろいろなモノが創れて楽しいからなのでその部分を忘れずにしっかり伝えていきたいと思います。

 

ではまた明日!

 

「ホームページを作成する」という深遠なる作業

posted in: ホームページ | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

しばしば持ちかけられる相談に「ホームページ作りたいんだけど」というのがあります。ほとんどの場合、相談者は自分が持ちかけていることの重大さを知りません。

 

ずばり言ってしまえば、「ホームページを作る」は組織(会社)としての「ブランド・商流をつくる」に等しい重大なミッションです。既存顧客はともかく、新規顧客にとってホームページはその組織のすべてです。そこに表現されている内容をそのまま組織のブランドとして受け取りますし、商流もまさにそこから始まります。

 

しかしながら大抵の場合相談者はそこまで思いは至っておらず、「とりあえず組織を紹介できるものが欲しい」程度に考えています。その結果いざ作り始めると「このページの内容が作れない」「ここの情報の流れができてない」と組織として未完成な部分に行き当たり、ホームページ作成以前にそちらの組織的課題に取り組むことになります。

 

もちろんそういった課題が浮き彫りになるという点でホームページ作成に取り組む意義は大いにあるし、完成した暁には組織の大いなる力になってくれるのですが、相談者が当初描いていた作業負荷と比べると数倍規模の作業になることがほとんどです。

 

さらに言えばそのホームページの作成方法も様々。wixQuickWebといった出来合いのテンプレートに文章や写真を当て込むだけの簡易ホームページから、オーダーメイドのホームページまで多岐に渡ります。ここでも予算とスキルレベルに合わせて最適な方法を選定するという作業が必要になります。

 

もう一つ付け加えれば、ホームページを作った後の運用にかかる手間も見落とされがちです。作って終わりのホームページはほぼ存在せず、内容の定期的な更新や、ブランド・信用度を高めるためのこまめなブロク更新など、ホームページを公開した後も作成時以上に手間ひまはかかり続けます。

 

ホームページを作成するというのは以上のことがら全てに向き合い対処していくということなのですが、相談の時点でそこまでは考慮されていることは少ないので、説明すると「そんな大変なんだ・・・」と意気消沈されることが多いです。が、後から知って頓挫するよりは先に知っておいた方が良いので、僕はあらかじめ全部伝えるようにしています。

 

ホームページの作成とは、かくも奥深いものなのでした。

 

ではまた明日!

 

フリック入力や音声入力の普及でタッチタイピングの重要性は下がる?上がる?

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

本日も昨日に続いてタッチタイピングのお話。本日はその重要性の変化についてです。

 

かつてスマホもケータイもなかった時代、文字入力の手段はキーボード一択でした。しかしスマホの普及によりフリック入力が広まり、さらに音声入力の精度も上がったことでキーボードを使わずとも文字入力は可能となりました。このような状況になると、あえて難易度の高いタッチタイピングを習得する必要はあるのか?という疑問がわいてきます。フリック入力や音声入力で十分なのではないか?

 

僕の結論は「やっぱりタッチタイピングは習得した方がよい」です。

 

先日のブログでパソコンでできることは

・調べる
・つながる
・創る

の3つであり、中でも重要なのは「創る」であるという話をしました。3つのうちの「調べる」と「つながる」は必ずしもパソコンで行う必要はありません。スマホやタブレットからのフリック入力や音声入力で十分です。しかしながら「創る」だけはパソコンが必要になります。スマホやタブレットでは画面の大きさが足りませんし、それ以外の性能も不足がちだからです。そうなるとどうしてもパソコンでの作業となり、そこで効率的に作業をおこなうにはタッチタイピングが必要となります。「創る」にはタッチタイピングが必要なのです。

 

かつてはタッチタイピングしか方法がなかったので、なにをするにしてもタッチタイピングを学ばざるをえませんでしたが、今はフリック入力や音声入力しかできない人も増えています。そういう人はタッチタイピングが必要となるパソコンでの創る作業ができません。そう考えるとタッチタイピングを駆使してパソコンで「創る」作業ができる人の価値は、相対的には以前よりも高まっているとも言えます。

 

パソコンで創れる人生と、それができない人生ではあまりにも大きな差が生まれますので、タッチタイピングはちゃっちゃとマスターしてしまいましょう。

 

タッチタイピングの練習にはe-typingがオススメです。

インターネットでタイピング練習 イータイピング | e-typing

 

ではまた明日!

 

補足1: タブレットでもiPad Proくらい大きく高性能になれば創る作業を行えるかもしれません。使ってみたい!

補足2: 音声入力とタッチタイピングを併用して作業効率を上げるというのは十分ありだと思います。

 

公開教材の著作権に関して明記しました

posted in: Ozobot, ホームページ | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

デジんちゅはパソコン教室なんですが、つくった教材をインターネット上で公開しているという点においてはクリエイターの側面ももちます。

 

そこでクリエイターとしてしっかり配慮しておかないといけないのが著作権。

 

著作権は基本的には作成者の権利を守ってくれるありがたいものなのですが、あまり振りかざしすぎても作品の広まりをさまたげてしまうので注意が必要です。

 

そんなクリエイターのために、作品に対してどこまで著作権を主張するかを規定してくれているのがクリエイティブ・コモンズ。小難しい話は避けて、今回僕が自分の作品(教材)に対してどのような権利設定をしたかというと、

クレジット表記(Created by デジんちゅ 2017)がある限り複製、再配布、改変、商用利用全て可

というもの。クリエイティブ・コモンズ的にいちばんゆるい設定です。できるだけ広く使ってね、んでその際にデジんちゅという名前だけでも覚えていってくださいってことです。公開教材ページにもその点の記載を追記し、同時に各教材のフッターにも追記しました。

 

まだまだこの辺の配慮が意味をなす規模ではありませんが、のちのち問題にならないようあらかじめしっかりやっておきたい性格です。

 

ちなみにデジんちゅホームページで使っている画像は自分で撮った写真以外は、すべて著作権が放棄された画像を使っています。

著作権フリーの画像が検索できるpixabayというサービスをありがたく使っています。

 

 

ではまた明日!

 

ホームページの構成を変更しました

posted in: ホームページ | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

本日はこのデジんちゅホームページの構成を少し変更しました。主に変えたのはトップページで、以下2点の変更を加えました。

・「公開教材」を追加
・「身につくこと」「プログラミング教材」「施設」を「サービス」に統合

 

公開教材ページは今後ウェイトが大きくなっていくのでトップページに昇格させました。あと、これまではトップページからサービスページへのリンクが小分けになっていて導線的にややこしかったので、その点を解消しました。

 

ついでにと言ってはなんですが、スマホから見たときにページの一番上に移動できるボタンを追加しました。画面右下にうっすらみえてる丸いボタンがそれです。ページを読み終わったあと、ワンタッチで一番上のメニューに移動できるようつけてみました。使いやすくなったかな?

 

ホームページに完成形はなく、たゆまぬ改善あるのみです。

 

ではまた明日!

 

事業概要ページ作成しました

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

本日は事業概要ページを作成しました。

事業概要

 

事実を淡々と載せているだけで、あまり面白味のあるページではありませんが。。

事業組織のホームページとして必要な内容です。

 

電話番号をホームページに載せるかどうかはかなり迷ったところなのですが、外部からの電話応対に追われてレッスンや教材作成がおろそかになってしまっては本末転倒だと思い、電話番号は非公開としました。

通販などのホームページでは特定商取引法に基づき電話番号の公開は必須ですが、パソコン教室という業態においては必須ではありませんので。

 

もちろん、契約者様には電話番号をお伝えし、緊急の連絡にも対応いたします。

 

ではまた明日!

 

ソーシャルボタンを設置しました

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

デジんちゅブログにソーシャルボタンを設置しました。いわゆるいいねボタンです。

 

ブログデザインはすっきりと、の原則にのっとってボタンはつけなくてもいいかなとも思ったのですが、やはり読者からの反応を測るにはあった方がいいなと思い直してつけることにしました。

はじめは厳選して少数精鋭でと思っていたものの、結局欲がでて合計7つとなりました。

 

メジャーどころで落選したのは、Google+、はてな、mixiあたり。いまどきmixiボタンつけてだれかクリックするのか試してみたい気もちょっとするけど。

 

ボタンをつけたものの、デジんちゅのFacebookページやTwitterアカウントは未作成。今作ってもそっちまで手が回らなそうなので、当面はブログからの情報発信に努めます。

 

もしブログをスマホから毎日読んでくださるのでしたら、FeedlyボタンからFeedlyアプリをインストールすると新着記事がわかりやすくって便利です。

 

ではまた明日!

 

ブログページのこまごまとした調整

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

本日の作業はブログページの細かな調整。

デジんちゅホームページは、ホームページの中にブログが入っているという入れ子構造になっているので、導線(ユーザーにどのように動いてもらうかの設計)にちょっと工夫が必要になります。

 

一番気になっていたのが、ブログの個別ページからブログのトップページへのリンクがなかったこと。一番上のロゴを押してしまうと、ホームページ全体のトップ画面へ移動してしまうので、今まではブログのトップページへ移動する方法がありませんでした。(厳密にはメニューの中の「ブログ」からいけますが、それではあまりに使い勝手が悪い。。)

 

というわけで、まず手を加えたのがパンくずリストの追加。パンくずリストというのはこのページのタイトルの上に表示されている「デジんちゅブログ>ホームページ>ブログページのこまごまとした調整」というやつです。ページの全体の中での位置づけを表すと同時に、ユーザーにホームページ内の導線を提供します。

パンくずリストってなんだか変わった名前ですが、Wikipediaによると童話『ヘンゼルとグレーテル』で、主人公が森で迷子にならないように通り道にパンくずを置いていった、というエピソードに由来するそうです。

これをつけることで、ひとまず画面上部でのブログトップページへの導線確保。

 

もう一つ、スマホで記事を読み終わった後にもブログトップページへ移動しやすいように、記事の直後にトップページへの画像リンクを配置しました。(パソコン画面では右上に表示されています)

 

これで記事を読む前でも読み終わったあとでも、ブログトップページへの導線が確保できて無事目的達成。

 

パンくずリストはブログ以外のページにも付けられますが、そんなに複雑な構成ではないので現時点では見送り。できるかぎりスッキリさせておきたいので。

 

ホームページはあとひとつふたつ簡単に直したいとこがあるくらいで、ほぼ完成。

ぼちぼち教材作成の方にシフトしていきます。

 

ではまた明日!

 

ホームページ用のテスト環境を作成しました

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

本日の作業はこのデジんちゅホームページのテスト環境の作成。

 

いままでは未公開だったので本番環境を直接いじくって改造していたのですが、公開した今となってはさすがにそれははばかられる。ので、この機会にきちんとしたテスト環境を作ることにしました。

 

ここでさっそく役立ったのがおととい作ったデータバックアップの仕組み。ばっちり取得されていた最新のバックアップデータをテスト環境に復元してみたところ、なんとまぁあっさりと本番環境そっくりのテスト環境ができあがりました。

 

仕組み化ってすばらしい。

 

これで本番環境に影響を及ぼさずに、いろいろと試してみることができるようになりました。

地味ながらも着々と環境整えていきます。

 

ではまた明日!

 

ホームページはスマホファーストで

posted in: ホームページ | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

先日どうにか公開にこぎつけたデジんちゅホームページですが、作る際にこだわったのがスマホで見やすいかです。

 

画面のサイズに合わせて自動的にパーツの配置が変わる仕組みを入れているので、それだけでそれなりに見やすくはなるのですが、それでも配置をパソコン寄りにするかスマホ寄りにするかの判断が必要なところでは、迷わずスマホ寄りにしています。

 

というのもスマホが普及しきった昨今、ホームページ閲覧の大半がスマホからだからです。僕が運営している別のホームページのデータではスマホからのアクセスが63%。タブレットからのアクセスは3%。パソコンからのアクセスは34%しかありません。

かつてスマホもタブレットもなく、ほぼ全てのアクセスがパソコンだった時代からインターネット業界にいた身としては、パソコンからのアクセスがたったの3分の1っていうのは隔世の感があります。

 

もちろんホームページが扱う題材によって多少変動はしますが、スマホからのアクセスが筆頭なのは変わりません。

そんなわけで、このホームページもスマホからの見やすさを最優先して作りました。

 

さて、ホームページ作る際に参考にさせてもらおうと思って他のパソコン教室のホームページも数多くみたのですが、意外にもスマホ対応していないホームページが多くありまして。

パソコン教室やるくらいの技術力があればスマホ対応くらいすぐにできそうなものですが、やっていない。

 

ふむ。

 

もしやパソコン教室であるがゆえに「パソコン」にこだわってしまっているのか。それゆえにホームページもパソコン優先。一貫しているといえば聞こえはいいが、それは誤った一貫性。パソコン教室を探す人は現時点ではあまりパソコンに詳しくない人。そのような人はスマホからアクセスする可能性が高いので、パソコン教室であればこそむしろスマホに注力すべきだー

 

と、勝手に妄想ふくらましてみましたが、パソコン教室でなくともスマホファーストなのは自明なので、昔からのホームページを手直しする余裕がなくそのままってのが実際のとこだと思います。

 

スマホファースト!(トランプ風に)

 

ではまた明日!

 

1 2 3