AWSとGCP、日本語ドキュメントではAWSに軍配

posted in: AWS, GCP | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

昨日のブログに書いたとおり当面サーバーはAmazonのAWSを使うことにしたのですが、GoogleのGCP(Google Cloud Platform)との比較段階でわかったのは、ドキュメントの日本語化に関してはAWSの方がしっかりしているということです。

 

GoogleもAmazonもアメリカの企業なので自社サービスに関してのドキュメントはまずは英語で提供されます。でもって各社ともそのドキュメントを順次各国語に翻訳して公開しているのですが、AWSはとりあえず初期段階で必要なドキュメントはひと通り日本語でそろっていました。一方のGoogle、こちらは日本語化されているのはざっくり6割程度といったところ。やっかいなのが日本語化されているドキュメントの中に誤訳やら内容の欠損やらがあるところ。そもそも日本語版がなければ最初から英語で読むのでよいのですが、日本語版を用意しておきながらその内容が不完全というのは、なんともトリッキー。そんなクオリティだったら始めっからない方がわかりやすいです。。この辺にもGoogleの動かしながら磨いていく(=途中でどんどん変えていく)というスタンスが見える気がします。

 

ドキュメントに関しても、クラウドコンピューティングサービスとしてトップを走り続けているAWSに一日の長ありでした。

 

ではまた明日!

 

LINEで送る
Pocket