「10代の7割は『スマホのみ』でネット使う」という事実をどう読み解くか

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

LINE株式会社の調査によると、10代の7割は「スマホのみ」でインターネットに触れているそうです。

 

10代の7割は「スマホのみ」でネット使う――LINEが調査 -IT media NEWS

 

7割というのはなかなかインパクトのある数字ですが、昨今のスマホの広がりを見る限りは納得のいくデータです。さらにこのデータを読み込むと、10代で日常的にパソコンを使っているのは25%となっています。

 

さてこの25%という数字をどう読み解くか。僕はパソコンができるだけで周囲と差別化することができると読み解きます。なにせ残りの75%は日常的にパソコンを使っていないのですから、それなりにパソコンを使いこなせるだけでことITに関して言えば上位4分の1に入ることができます。

 

さらに重要なのがスマホとパソコンでできることの違い。情報機器でできることをデジんちゅでは「調べる」「つながる」「創る」に大別しているのですが、その中の「調べる」「つながる」はスマホでもパソコンでもどちらでもできます。しかしながら「創る」だけは画面の大きさ、性能などの点からどうしてもパソコンが必要になります。スマホしか用いない7割の人はパソコンで「創る」ことができないので、パソコンができるだけでこれらの人に大きく差をつけることができます。

 

ということで、パソコンが使えるだけで圧倒的に有利ですよというのが今回の調査から見えた定量的な分析です。

 

とはいえ、僕がパソコンが使えたほうが良いと思う本質的な理由は、いろいろなモノが創れて楽しいからなのでその部分を忘れずにしっかり伝えていきたいと思います。

 

ではまた明日!

 

LINEで送る
Pocket