よく使う単語は「単語登録」して文章をサクサク書きましょう

posted in: 便利テクニック | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

僕は文書を書くのがとても好きなので、このブログを始めとしてパソコンで文章を書く機会が多くあります。そうなるとできるだけ効率よく文章を書きたくなるので、いろいろとテクニックを弄することになります。

 

一般的なのはよく使う単語やフレーズを「単語登録」してしまうこと。たとえば「よろしくお願いいたします。」を「よろ」として単語登録しておくと、「よろ」と打つだけで変換候補に「よろしくお願いいたします。」と出てくるようになり入力の手間を短縮することができます。

 

挨拶などの定型文を単語登録して使っている人が多いですが、僕はそこからさらに踏み込んで基本的に自分に関連した固有名詞はすべて単語登録しておくようにしています。例えば友人の「山田太郎」さんであれば「yt」、「鈴木花子」さんであれば「sh」とイニシャルで単語登録してサクっと変換できるようにしています。人名は漢字間違いをすることも多いので、最初に正確な漢字で登録してしまえば以後間違えることもないという利点もあり。

 

他にもお店の名前とか、組織名など再び自分と関わりそうだなと思うものは全て単語登録してすぐに変換できるようにしています。Amazonだったら「あz」、ヨドバシカメラは「yc」などなど。

 

あとはメールアドレスや電話番号。これも「あど」とか「てl(TEL)」なんかで登録してあります。「沖縄県~」と始まる住所なんかも「じゅうしょ」で登録しておけば一発変換です。

 

ひとつひとつの登録は小さなことですが、積もり積もるとかなりのスピードアップにつながります。パソコンで文章書くのに時間がかかってお悩みの方はぜひお試しください。

 

Windows10での単語登録の方法はこちらのブログあたりを参考にどうぞ。 → Windows10のユーザー辞書に単語を登録して入力を簡単にする

 

あと、単語登録を簡単に呼び出す方法(ショートカットキー)をマスターしておくと、サッと単語登録ができて超便利です。 → 辞書登録をショートカットでするやり方(Windows・Mac)

 

 

ではまた明日!

 

【2017/7/22 追記】
応用編です。 → 同音異義語を確実に一発で変換する方法

 

LINEで送る
Pocket