ブログの「エントリー」という単語を使わないようにしている話

posted in: IT用語 | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

本日は言葉の話。みなさん「エントリー」という言葉をご存知でしょうか?

 

一般的なのは「マラソン大会にエントリーする」といったように「参加申し込み」の意味ですが、これが「ブログのエントリー」となると意味が変わってきます。

 

ブログのエントリーとは、投稿された文章ひとつの塊を指します。すなわちこの投稿自体がひとつのエントリーですし、昨日投稿したものもひとつのエントリーです。ブログ内文章の単位として非常に使い勝手のよい単語なのですが、僕は意図的に使うのを避けています。

 

それはこの単語がいまいち市民権を得られていないから。当ブログはパソコン初心者の方にも理解しやすいように、わかりやすさを重視して書いているので、あまり馴染みのないカタカナ用語を使いたくないのです。

 

ではどう言い換えるのがいいかというと、これまた悩ましく。「記事」あたりが近いと思うのですが、記事は本来「1 事実を書くこと。また、その文章」という意味であり、僕のブログにおいてはちょっと意味合いが違う気がするんですよね。僕がここで書いているのは事実というよりは、僕なりの主観や考え方が大半なので。

 

というわけで妥協案として「昨日のブログで」とか「こちらのブログにあるように」といったように「特定語+ブログ」という表現でごまかしております。ベストな対策ではない気もしますが、見慣れない単語を使ってわかりやすさを損ねてしまうよりは良いかなと思ってます。

 

深く考えすぎかなーと思いつつも、どうしてもここまで考えてしまうのが僕なのです。

 

ではまた明日!

 

LINEで送る
Pocket