ブラウザではスペースキーで1画面分スクロールできますです

posted in: 便利テクニック | 0

こんにちは。高木龍平@デジんちゅです。

 

昨日のブログではホームポジションから手を動かさずにネットサーフィンする方法を紹介しました。オススメの方法ではあるのですが、ブラウザ(Google Chrome)に拡張機能を入れる必要があり、ちょっとハードルが高い方法でした。

 

本日紹介するのは誰でもあっという間にできる効率的ネットサーフィンテクニック。ずばり

 

スペースキーで1画面分スクロール

 

です。ブラウザの画面を下にスクロールするにはマウスのローラーを使う方が大半だと思います。しかしながらそれには当然マウスに手を運ばないといけませんし、たくさんスクロールするにはたくさんローラーを回す必要があります。そのどちらも一挙に解決してくれるのがスペースキー。これを押すことで一気に一画面分(正確には1画面弱)スクロールできるので、マウスを使わずともサクサクと画面を読み進められてとっても便利!Google Chromeに限らず全てのブラウザでこの動きができるようになっています。

 

とっても便利な動きなので愛用しているのですが、これと相性悪いのが画面上部に固定でメニューなどを配置しているページ。メニューの上下幅が大きいと、いっきょに1画面分スクロールしたときに表示されない部分ができてしまいとても読みづらいのです。こういったページの製作者はスペースキーでスクロールされることを全く考慮していない(あるいはそもそも知らない)のでしょうね。。自分でホームページ作成する場合は絶対にこういう作りにはしないぞと心に誓っております。

 

ちなみにこのケースへの対処法として、昨日紹介したVimiumに搭載されている「画面半分だけスクロール」という機能を使っています。できれば「画面4分の3だけスクロール」というのがあればベストなのではありますが。

 

もうひとつ相性が悪いというか許せないのが、ホームページ側の動作制限でスペースキーでのスクロールを使えなくしているところ。こーゆーページで渋々ホームポジションから手を離すときのがっかり感ときたら。。NewsPicksさん本当に勘弁してください。

 

終盤愚痴っぽくなってしまって申し訳ありません。えー、とにかくスペースキーでのスクロールはとっても便利なのでぜひご活用くださいませ。

 

ではまた明日!

 

【2017/6/15 追記】
NewsPicksがスペースキーでのスクロールに対応しました! → NewsPicksのオリジナル記事がスペースキーでスクロールできるようになりました!

 

LINEで送る
Pocket